おでかけ

バードパーク(Jurong Bird Park)のイースターイベントに参加してきました。

2019年4月15日

Easter with Gudetama

今年の4月21日はイースターだそうです。イースターはキリストの復活祭ですね。日本では少し流行り出してきましたが、まだまだ浸透していない感じがします。
シンガポールでは祝日になっていて、あちらこちらでイベントが開催されるようです。

バードパークでも4月1日から30日までイースター関連のイベントがあるということで、我が家も参加してきました!

 

今年はぐでたまコラボレーション!

ぐでたまコラボ!

ドーン!

入場ゲートをくぐるとなんと大きなぐでたまがお出迎え!
となりの建物と比べてもらうとわかっていただけると思うのですが、なかなかの大きさ。みなさん記念撮影しています。

今年のイースターはぐでたまとコラボしているらしく、あちらこちらにぐでたまがいます。

あちこちにぐでたま

入場前からあちこちにぐでたまがおでむかえ

ぐでっとしたこの感じ、とっても癒されます。

シンガポールにきてから、現地の人が身に着けるものやお店など、あちらこちらでぐでたまを見かけることがあります。
ぐでたまって海外でもすごく人気のキャラクターなんですってね。しりませんでした。さすがサンリオ。世界のサンリオ。

 

目玉イベントは4月13,14,19,20,21の5日間

入場するとイベント用のRedemption Cardが人数分もらえます。

バードパークのイースター

イベントに参加するにはこのカードが必要です。4月中はぐでたまとコラボしたバードパークが見られますが、目玉イベントが開催されるのは13日、14日、19日、20日、21日の5日(10:00〜16:00)のみで、このカードもその日だけ配られるようです。

その日のイベントは卵を探すゲームのエッグハントとぐでたまの工作、クイズに答えて景品をもらえる、ぐでたまの着ぐるみに会えるの4つです。

うちわ作り

うちわ作り会場

 

自由に色ぬり

ペンギンのいるPenguin Coastの前でうちわ作りをやっていたので参加しました。

ぐでたまのイラストが書かれたうちわに色ぬりをします。娘たちは普段から塗り絵が好きなので、すごく集中して黙々と作業していました。

その間も暑くてじっとりするお肌。今日も暑い。

そういえば、うちわって英語で「Fan」なんですね。 Fanって扇風機のことかと思っていたのですが、うちわも同じなんですね。でもpaper fanのほうが扇風機との区別ができていいようです。

 

色ぬりが終わってトラムに向かうまでにぐでたまの撮影ポイントがありました。

ぐでたまと記念撮影

ぐでたまと記念撮影

 

 

さて、エッグハントをするためにトラムに乗ります。エッグハントは長女がアニメでやっているのをみたことがあって、実際にやるのをとっても楽しみにしていたイベントです。私もどんなのかワクワクしました。

バートパークのトラム

入り口のStation1からトラムに乗り、Station3を目指します。

メンバーだと平日は無料でトラムに乗れますが、週末はチケットを買わなくてはなりません。
トラム乗り場の手間にあるブースでチケットが買えます。ベビーカーはトラムの一番後ろに乗せられます。他に誰も乗せる人がいなければそのまま乗せられますが、混んでいるときは畳んで乗せます。

もちろん歩いても大丈夫ですが、Waterfall Aviaryはパークの一番奥にあるので、ちょっと遠く感じます。

ぐでたまがかわいすぎるWaterfall Aviaryでエッグハント

エッグハント入り口

Station3に到着です。ここにもぐでたま。はぁ、ぐでたま可愛すぎです。

 

Waterfall Aviary

今回のエッグハントの会場はこちらでした。
ここは、中には人口の大きな滝があり、鳥たちが自由に飛び回ったりエサを食べたりしていて、近くでそれを見ることができます。

入り口でRedemption Cardを見せるとひと家族に一つバスケットがもらえるのでそれを持って卵探しに行きます。

テンションが上がった長女は私たちを置いてずんずん進んでいきました(汗)

どんな風に卵が隠されているのかはお楽しみということで、エッグハントの写真はのちほど。

 

ここにもぐでたまがたくさん。かわいい。ぐでたまがいっぱい

普段はただただ滝の音を聞きながら鳥と緑をのんびり楽しむ空間ですが、イースター期間中はぐでたまがあちこちに散りばめられていて、いつもと違うバードパークを見られるので面白いです。

滝とぐでたま

ぐでたまが鳥についばまれている!

滝の前にも撮影ポイントがあります。

この滝は高さが35メートルあって屋内人工滝では世界でもっとも高いんだそうです。
来年の移転のときは、この滝も一緒に移転するのかなぁ?

卵を探してうろうろしていると綺麗な孔雀をみつけました。

孔雀

孔雀が羽を広げるのには時期があり、なかなか見られないのでタイミングがよかったです。
日本では春〜初夏ごろの繁殖期にしか見られませんが季節感のないシンガポールはどうなんでしょうね。
長女は嬉しそうに一緒に記念撮影。次女は自分より大きく見える孔雀に怖がって泣いていました(笑)

 

卵を全部集め終えた頃に急にスコールが降ってきました!慌てて屋根のあるところに戻りました。

 

エッグハント成功!

雨が降る前に無事エッグハント成功!ぐでたまとバードパークのコラボ景品がもらえました。

あと残り2つのイベントも参加したかったのですが、この時の大雨で入り口前のベビーカー置き場に置いていたベビーカーがずぶ濡れになり、そこに載せていた抱っこ紐や着替えなどの荷物も濡れてしまい、どうしようもなくてこのあとすぐに帰りました(汗)

天気が怪しい時はレインカバーをかけるか、中に置いておくかしないとダメですね・・・。

 

もしかしてこの週末に特に予定がなければまたチャレンジするかも?(笑)

 

まとめ

バードパークではイースターの時期に毎年イベントが行われているらしいのですが、私たちは初めてシンガポールで迎えるイースターということもあり、初めてのイベント参加でした。
今年はぐでたまコラボレーションでとっても可愛かったです。
ちょうどイベントの日に来られなくても、4月30日まではかわいいぐでたまがお迎えしてくれます。

来年のイースターの時期は、まだジュロンバードパークはあるのか、または移転してしまっているのか、もしくは移転中で休園中なのか、まったくわかりませんが、子供向けのイベントが盛りだくさんなので、お子さんと来るならイースターの時期はとてもおすすめだと思います。

続きを書きました。

 

 

ジュロンバードパーク(Jurong Bird Park)の詳細

  • 公式ホームページ https://www.wrs.com.sg/en/jurong-bird-park.html
  • 入場料 大人$30 子供(3〜12才)$20 2才以下無料
  • 開館時間 8:30〜18:00 最終入場17:30
  • 住所 2 Jurong Hill, Singapore 628925
  • Boon Rayから194系統のバスの乗り1つ目で降りる。
  • 授乳室、オムツ台あり。ベビーカーのレンタルあり。

-おでかけ
-, ,

Copyright© 子連れでシンガポールに移住したブログ , 2021 All Rights Reserved.